看護師求人情報サービスではどの様なサービスがありますか?

看護師求人情報サービスではどの様なサービスがありますか?

pixta_7633116_S.jpg
仕事探しをする時に、利用するサービスの中で、代表的と言えるのが、ナースバンクです。

看護師求人情報サービスには、ナースバンクでは行っていない、いろいろなサービスがあります。

看護師求人情報サービスでは、事前に希望や条件に合わせて、職場のマッチングを行ってくれるので、希望に沿わない求人はおススメしません。

そして、看護師求人情報サービスでは、退職交渉も行ってくれます。

退職の許可が下りなかったり、退職の引き延ばしをされたり、スムーズに退職が進まない場合は、退職を有利に進める為のアドバイスをしてくれます。

悪質な退職拒否の場合は、弟3者として入ってもらう事もできるんです。

そして、看護師求人情報サービスのスタッフは、全てが医療業界や転職に詳しい知識を持っているので、事前に、職場環境や人間関係などの、細かい職場の情報を調べてもらう事もできます。

自分で行動を起こさなくても、看護師求人情報サービスに登録して、希望の条件を伝えれば、医療に詳しいスタッフにより、希望にあった職場を探してくれるところも、人気のサービスの1つです。

ナースバンク、看護師求人情報サービス、共に、メリットを上手く活用する事が、転職を成功させるカギです。

夜勤専従パートって大変かな?

夜間に働く仕事は、職種に限らず、身体への負担は大きいので、やはり、楽でないとは思います。

でも、これにも向き・不向きがあって、夜勤が苦にならない方もいるので、人それぞれですよね。

また、病院と科によって、夜勤の業務内容も労働環境も全然違います。

お給料の高いところは、それなりにハードな職場であることが多いですし、お給料安くて業務が楽でも、たった1人で夜間勤務ということは多くありますから、これも自分に合っているか、という問題が大きいですよね。

夜勤専従で働く場合は、病院側もスムーズに勤務に入ってもらえるよう、日勤をしばらく経験してから、夜勤専従として雇用するところもあるようです。

夜勤手当はやはり大きいので、日勤パートよりは夜勤専従パートを週1回入れて働く方もいらっしゃるようです。

私は夜勤がどうにも苦手というか、夜にとても弱くて、新人の頃は、夜勤に入る前はとても緊張していました。

その日の勤務最後までしっかりとした判断、対応が出来るか、働いている間も緊張、夜勤明けはぐったりでした。

夜勤明けに旅行に出かける仲間を見ては、とてもうらやましく思ったものです。

ある友達はもっと時間を有効に使いたいし、夜勤の方が好きだから、と夜勤専従常勤をしています。

年収450万だから、私達の年齢でいくと、かなり高いし、家族も養っていけますよね。

シングルで働いているママさんナースも職場にいて、本当に頭が下がる思いです。

看護師だからシングルの道を選ぶ決意が出来たんだ、と話してくださいました。

確かに男女差があまりなくなってきたと言われる今でも、女手一つで子育てをしていくことは本当に大変なことですよね。

体力的にも精神的にも大変だと言われる看護の仕事で家族を養っているお母さんは、お子さんたちにとって誇りだろうなと思います。

2015年11月13日|