夜勤専従看護師の給料はどのくらい?

夜勤専従看護師の給料はどのくらい?

夜勤専従看護師は給料が高い事も人気のポイントですよね。

地域や職務内容、勤務時間によって異なりますが、2交代制夜勤の一回あたりの勤務で日給換算で少なくても2万5千円、都心部などは4万円近くも稼げます。

1ヶ月に9日~10日が働ける限度なのですが、月収にすると20万~40万円の計算です。

単純に数字だけ見ると少ない日数で平均以上の収入が得られるので、得な仕事と思いますが、夜勤専従の仕事の内容は勤務する病院によって当たり外れが大きいですから、職場を選ぶ前によく確認したほうがいいですよ。

夜勤専従を募集している病院には、夜勤の出来る看護師が不足していて、休憩もろくにとれず残業も発生するようなところもあります。

それでは身体がもたず長く続けるには無理がありますよね。

私も実は救急外来での夜勤専従をしていたことがありますが、急患が入れば迅速な対応が求められ、深夜でも常に神経が張りつめている状態で、立て込んでいるときには休憩時間もろくにとれない時もあり、結局長くは続けられませんでした。

今はあまり無理をしたくないので、若干給料は下がりましたが、比較的落ち着いた病棟の夜勤で働いています。

スタッフ同士の折り合いも良いので、以前の時のような精神的なストレスは少なくなりました。

夜勤専従の仕事を探すなら、給与の額面だけに惑わされないで、働きやすい環境かどうかよく検討したほうがいいですよ。

2013年10月 6日|